未分類

ゆうちょ銀行でお金を借りる時に知っておきたいこと

お金が必要となった時、カードローンを作ったり融資を考えたいという場合、ゆうちょ銀行からお金を借りてみてはどうでしょうか。

ゆうちょはさまざまなメリットを持っており、消費者金融系の金融業者から借り入れをした場合には得られないメリットも持っています。

どういったメリットがあるのかを知っておけば、いざという時に業者選びをする助けにもなりますし、もしそのメリットがお金が必要な状況に合っている場合は選ぶ手間を省く助けにもなるでしょう。

ゆうちょを利用して借り入れをする前に、どういったメリットがあるのかを知っておきましょう。

まず最初に挙げるメリットとして、ゆうちょは窓口が多いため全国のほぼどこでも利用する事が可能という点があります。

金融業者や通常の銀行の場合、どうしても地域によっては店舗がなく利用できないという場合もありますが、ゆうちょならば全国のほぼ全ての地域に窓口があるためいざという時に利用しやすく便利です。

さまざまな地域で利用しやすいという事は、引っ越しなどで急に住む地域が変わった場合でも安心ですから、引っ越しの多い職業に就いている方も利用しやすくなっています。

また、金利の低さもゆうちょを利用するメリットで、消費者金融系の業者に比べて金利が低めに設定されていますから、返済金額が膨れ上がってしまう心配もなく気軽に利用する事が可能です。

これ以外のメリットとして挙げられるのが、返済の最低金額が低いという点です。

ゆうちょでは最低返済額が3000円からとなっているため、返済金額が高く返済をしていく事で日々の生活に負担が増えてしまう心配もありません。

特に長期間の返済をしていく場合、月々の返済額は重要なポイントですから、業者選びの時に注目する人も多いので最低金額が低いというのは大きな魅力になります。

お金に余裕がある時には月々の返済とは別に一度に返済する事も可能ですから、計画的に返済していきたいという場合にも返済額の低さはメリットになるでしょう。

全国に窓口があり、さらに返済計画も立てやすいゆうちょはお金の借り入れをする業者を探している人におすすめです。

ただ、審査に時間がかかってしまう事が多いため、急いでお金が必要という場合には審査にどのくらいの時間がかかるのか、事前に確認しておいた方が良いでしょう。

お金の借り入れをする時には返済まで考えなくてはいけませんから、金利が低めで返済もしやすいゆうちょにするのか、それ以外の業者から借りるのかをきちんと考えておくと良いでしょう。

事業者向けカードローンとはどういうもの?

事業者カードローンとは、名前の通り個人事業主や事業業者向けのカードローンの事で、名前こそ違うものの通常のカードローンと同じように使う事ができるものです。

もちろん通常のカードローンとの違いもあり、利用する時にはその違いを把握した上で使った方がよりトラブルが起きないように利用できるのではないでしょうか。

事業者にとってお金の問題は非常に重要でデリケートなものですから、その面でトラブルが起きないようにするためにも、普通のものと事業者向けのカードローンの違いを知っておきましょう。

このふたつの大きな違いとしては、借り入れたお金の使い方です。

通常のカードローンは基本的に借りた人の自由であるため、買い物の資金にしたり、自動車や住宅ローンの支払いに使うなどが可能となります。

しかしひとつだけ例外があり、事業資金には使う事ができないと明記されています。

ですから事業資金を手に入れるためには、事業者用のカードローンを利用して用意する必要があり、ここがふたつの大きな違いとなっています。

もちろんどちらもカードローンですので設定枠の金額内ならば、何回でも繰り返し使う事ができますが、使い道に大きな違いがあるという点は覚えておかなくてはいけません。

事業主が事業資金のために通常のカードローンを使っても意味がないので、きちんと事業主用のカードローンを利用するようにしましょう。

もうひとつの違いとして挙げられるのが、金利の違いです。

事業者向けのカードローンは、通常のカードローンに比べて金利が低く設定されており、どうしても高額の借り入れが必要となる事業主にとって利用しやすくなっています。

通常のカードローンが10%から18%程度の金利が主流であるのに対し、事業者向けのカードローンは2%から15%ほどと金利が低く、設定金額高めに設定が可能です。

事業主にとって突然高額のお金が必要となる場面は決して無いとは言えませんから、通常のカードローンでは難しい高額の設定金額と、返済の負担が少なくなる低い金利というのは大きな魅力となるのではないでしょうか。

しかし事業者向けのカードローンは誰でも利用できる訳ではなく、きちんと利用するための条件があります。

まず事業者である事が必ず必要となる条件で、事業主以外では希望しても利用する事はできません。また、無担保型、有担保型、保証人要型などさまざまな種類があり、それぞれに必要となる条件は違ってきます。

事業主向けのカードローンは、事業者が利用しやすくなっていて頼りになりますが、利用する前にきちんとその種類や条件についてわかっていないと、スムーズな作成は難しいため事前の情報集めが非常に重要となってきます。

事業主向けのカードローンは、事業者が利用しやすくなっていて頼りになりますが、利用する前にきちんとその種類や条件についてわかっていないと、スムーズな作成は難しいため事前の情報集めが非常に重要となってきます。