未分類

国からお金を借りるにはどのような方法があるの?

個人で国からお金を借りるには、政府の定める公的機関からの、貸付制度を利用する事になります。

国で金銭を借りるというシステムは、各地域の自治体でも行われている制度で、ほとんどが皆さんのお住まいの市役所などの手続きで行う事が可能です。

例えば、何らかの事情で失業してしまい、病気やけがなど様々な理由で収入が途絶えた場合などにも、こうした貸付制度を利用する事ができます。

一般的に知られる制度としては、生活福祉資金貸付制度と呼ばれるものが、一番認知度が高いのではないでしょうか。

この、生活福祉資金貸付制度とは、自治体によっては総合支援資金の名のもとに、別枠でこの制度が設けられている場合もあります。

対象となっているのは、単純に言えば生活が苦しい方々に支援を行うもので、個人に対してお金を貸してくれるシステムとなっています。

原則としては、この生活福祉資金貸付制度の支援を受ける為に、連帯保証人が必要となります。

ただし、理由のいかんによってはこの限りではなく、保証人なしでも貸し付けが可能だと判断される場合もありますので、まずはお近くの役所などで担当者に話を聞いてみるのが一番です。

生活福祉資金貸付制度は、生活に困窮する方々を救済するシステムである為、返済期間も数10年単位で設けられていますので、慌てずにご自分の生活を立て直す為に利用するものです

この生活福祉資金貸付制度には、大きく分けて総合支援基金・福祉資金・教育支援資金・不動産担保型生活資金の四つがあり、用途によってさらに細分化されています。

総合支援基金は、生活を再建する為の制度で生活支援費・住居入居費・一時生活再建費に分けられています。福祉資金は、病気や生活苦などの為の支援費で、福祉費・緊急小口資金の二つがあります。

そして、教育支援資金は、低所得世帯のお子さんたちに対する学費を支援するもので、教育支援費や修学支度費が知られています。

また、土地や不動産を所持している方の支援制度として、不動産担保型の生活資金・要保護世帯向け不動産担保型生活資金などがあり、本人の所有する家や土地などを担保にし、生活資金を貸し付ける制度になっています。

生活福祉資金貸付制度の受給対象となっているのは、いわゆる低所得世帯や障害者世帯、または高齢者世帯と呼ばれるもので、これらの条件を満たしている場合のみ、低金利でお金を借りる事のできる制度なのです。

銀行でお金を借りるには何が必要になるの?

2018年より、さらに審査が厳しくなるといわれる銀行にお金を借りるには、いくつかの決め手となるポイントが存在しています。

ただし、審査がより厳しいとされるのは大型の融資で、カードローンなどの貸し付けは、さほど審査は難しくないとされています。

ご存じのように、銀行には銀行法といった独自の法律があり、貸金業法のように総量規制がありません。

総量規制とは、本人の年収3分の以上を超える場合、それ以上貸し付けてはならないと定められた法律で、借入先が1件でも2件であっても、すべて合わせた借入額の合計によって決められます。

銀行は、貸し金業法の枠外ですので、こうした総量規制が適用される事はありません。その為、おおざっぱに言えば、銀行ではいくらでも貸し付けが可能という事になります。

しかし、様々な諸問題もあり、2018年1月以降から審査が以前よりも厳しくなり、総量規制こそありませんが、最大融資枠にも一定の制限が設けられるようになりました。

審査が厳しくなったとはいえ、安定した収入があり、長年会社に勤めている方で、過去に借り入れ事故を起こしていなければ、特に問題は起こらないと思われます。

基本的に、借り入れに際する融資は、借入額が大きくなればなるほど、融資が難しくなっていく事は誰しもご存じの事でしょう。

逆に言えば、カードローンのように、あらかじめ最大の借入額が決められている商品などは、比較的審査はさほど難しくはありません。

現在は、インターネットの繁栄で、どこの銀行でも自社の公式ホームページを持っています。

こうした、ウエブサイト上のページ内には、独自のデータベースなどがあり、独自の判断ソフトによって、ご自分が融資を受けやすいかそうではないのかの判断をする事もできる場合があります。

融資に不安な場合は、こうしたソフトを利用して、貸し付けの判断を行うのも一つの手です。

基本的な申し込み方法は、本人の所得証明と本人確認の書類が基本となっています。

審査な判断基準は、ローンの種類によっても異なってきますので、様々な銀行の金融商品やサービスの内容を確かめてみるのも、賢明な判断と言えるでしょう。

ただし、申し込みに際して、気をつけておきたいのは、3社以上の申し込みを同時に行ってしまうと、申し込みブラックといった状況に陥ってしまい、審査をはねられるケースもありますので、特に注意しなければなりません。